ハワイ島のオプショナルツアー、パワースポットのツアーと貸切のチャーターならポハク西田!ハワイ島のパワースポットを始めとする完全オリジナルでおすすめな観光スポットを巡ります。ハワイ島を思いっきり満喫するならポハク西田にお任せください!信頼できるロミロミセラピストもご紹介。あなたの楽しいツアーをサポートさせていただきます。
お気軽にお問い合わせください。
TEL:06-7501-6510
ハワイ直通電話808-333-8272
受付時間 9:00~18:00(土・日・祝日除く)
公開日:2016年8月21日
最終更新日:2016年10月13日

今ならキラウエアから流れる赤い溶岩が観れる!

溶岩オーシャンエントリー昼

ハワイ島のオプショナルツアーガイドなら誰でも、お客様からよく尋ねられる質問があります。「今、赤い溶岩は流れているのですか?」「溶岩流は今、観れるのですか?」事実は、過去2年以上、観光できる、キラウエア火山からの溶岩流はありませんでした。確かに2008年迄なら、そういうチャンスが幾たびもあり、私自身もよくツアーで、熱い熱い溶岩流のすぐ近くまで、お連れしたものです。しかし、それ以来は、日本でも報道されたと思いますが、あのプナ地域のパホア・タウンに流入する危険があった数年前の事件以外は、全く止まっていたというほかはない状態でした。しかし、赤い溶岩が海に流れ込む迫力満点の映像や画像が、依然一部のツアーの案内に使われたり、放映されるなどしてしばしば混乱を生んでいました。ところが、本年の7月ごろからは、世界中の多くの人々が、安全に、待望の赤く流れる溶岩流を観光できる状態にあります。

キラウエア火山を見るために長い距離を歩く?それとも自転車?でも安全

溶岩ウォークゲイト昔は黒々とうねる溶岩の大地を、夜の場合は懐中電灯を片手に何時間も歩いて観光していました。ご存知の方もいらっしゃるでしょうが、真っ赤な溶岩もさることながら、溶岩の大地を歩くには、細心の注意が必要です。その主成分がガラスであるため、万一転倒したりしてけがを負った場合、想像を絶する深手を負います。これは、これから、いろいろとハワイ島を体験される方にもお伝えしておきたいこと。溶岩の上で転んでは絶対にダメですよ!!今回のオーシャンエントリー(赤い溶岩が海に流れ込むポイント)までは、歩いて1時間半から2時間んかかりますが、なんと、整地された、太い道を行くだけてオッケーなのです。これは昔、130号線というキラウエアとヒロを結ぶ、海岸道路が1983年以降に溶岩に寸断されたいたところを、ハワイ島行政が、掘り起こし、砂利道として、緊急避難用に造成していたもので、通常時には閉鎖されていますが、今回のイベントに際してはオープンにしています。さらに、地元の人たちが、10ドルほどでレンタル自転車屋もやっていますので、それを利用すればさらに楽ちんです。老若男女、世界中の人たちが連日、ぶらぶらと絶景に向かっています。

リゾートからの行き方

レンタカーで、ヒロを抜けて130号線に入り、パホアを超えてからの原生林地帯を抜けると二股の分岐点を右に、最後まで行きます。そこは、用意された駐車場で、警備員の指示に従って、車を止めます。昼の2時までなら彼らはまだいませんが、問題はないようです。

溶岩への地図

上図はハワイ島で無料で配布されている、メネフネマップですが、ヒロを抜ける11号線から130号線に乗り換えて2分岐点を右折して最後に至るところが丁度、白黄破線との接点です。そこが、道の起点となり、上々はまさにそれです。白黄破線の中ほどが目下の流入地点と考えてください。

オーシャンエントリーへの道のり

たくさんの水と軽食を持参し、のんびりと歩いてください。ゆったりとペダルを漕いでください。慌てない慌てない。ひと休みふた休み。小さな子供たちも歩いていますよ。では昼と夜のどちらに行けばいいのかという方のために、次回、昼夜の比較の投稿を致しますので参考にしてください。

レンタカーはやっぱり心配という方のために

ポハク西田にお任せください。ハワイ島特選チャーターでご案内いたします。お気軽にお尋ねください。

夜の溶岩

大まかな所要時間は、

コナやワイコロアのホテル街 > ヒロ > カラパナ 約3時間

カラパナ歩行起点 > オーシャンエントリー 約1時間45分(自転車、45分)

溶岩流見学 約1時間

お手洗い休憩などを考慮して、チャーター時間は、およそ11時間(自転車、9時間)となります。

この記事のキーワード

この記事の著者

ポハク西田
ポハク西田
記事一覧

著者一覧