ハワイ島のオプショナルツアー、パワースポットのツアーと貸切のチャーターならポハク西田!ハワイ島のパワースポットを始めとする完全オリジナルでおすすめな観光スポットを巡ります。ハワイ島を思いっきり満喫するならポハク西田にお任せください!信頼できるロミロミセラピストもご紹介。あなたの楽しいツアーをサポートさせていただきます。
お気軽にお問い合わせください。
TEL:06-7501-6510
ハワイ直通電話808-333-8272
受付時間 9:00~18:00(土・日・祝日除く)
公開日:2016年7月17日
最終更新日:2016年8月2日

キラウエア火山で、それぞれのポイントの素晴らしさと、活き活きとした素顔のあなたが映し出されるサンプルです。今回は溶岩大地の上でのポージング。モデル協力をいただいたみなさんありがとうございます。

FullSizeRender-3 copy 4

まずはやはり、キラウエア火山の溶岩という地球の内部エネルギーの結晶の上では、その人の今の喜びが伝わるようにしましょう。カメラ目線というのは、ハワイ島の大自然の中では、全く意味を持たないばかりか、写真自体がわざとらしくなってしまいます。むしろ少々やらせででも、ここぞ、というタイミングを実感してください。原則は「素直な表情」です。

FullSizeRender-3 copy 2

ジャンプは必ず下から目線で、できれば寝転んで撮りましょう。被写体の跳躍感がでます。空中ではやや膝を曲げるとさらに浮揚感が現れます。FullSizeRender-3 copy 5二人で向き合うとバランスが取りやすく、出来栄えの素晴らしさに息を呑むこともあります。飛び上がるタイミングは二人の自主性に委ねて、「いつでもどうぞ!」と構えます。キラウエア火山が噴火寸前の緊張感。

FullSizeRender-3 copy 3

大人数でも面白い結果となることが多いですね。原則は「『どう映るのか』という被写体の懸念をうまく外す」ことにあります。相手の構えを外します。

それからもう一つ、水平線は必ず水平に。撮影後に調節してもいいですね。

この記事のキーワード

この記事の著者

ポハク西田
ポハク西田
記事一覧

著者一覧